活動の概要や直近の課題などについて意見交換する参加者=佐賀市久保田町の思斉くらし総合センター

空き家対策や町の魅力発信などについて検討する「久保田まちづくり研究所」の発足メンバー。前列中央は荒牧軍治会長=佐賀市久保田町の思斉くらし総合センター

 佐賀市久保田町の住民有志で地域の人口減対策に取り組む「久保田まちづくり研究所」が発足した。久保田まちづくり協議会や地元企業などが協力して空き家の活用や町の魅力の情報発信などを手がけ、子育て世代の定住促進を目指す。

 町の子どもの数は減少傾向にあり、本年度の小中学生は681人で、30年後の2051年には半数以下の291人に減ると予測する民間の調査データもある。

 久保田まちづくり研究所では町内の空き家を再利用し、住宅を探している家族に紹介する。子育て世代を呼び込むことで子どもの数の維持や人口減の抑制につなげる。

 将来空き家になることが想定される家屋や土地を事前登録する「空き家候補バンク」も設置し、円滑に次の居住者が見つかる仕組みを検討する。町内の県立森林公園や嘉瀬川、クリークなど地域資源を利活用し、子育てに適した環境のPRや若い世代が魅力を感じるまちづくりも進める。

 久保田まちづくり研究所は4日にスタートし、発起人の荒牧軍治会長(さが水ものがたり館館長)は「調査して終わりではなく、まず行動して人口減少にあらがいたい。いろんな方面から知恵を出し合うことで、子育て世代が住みやすい町になっていく」と話した。今後は専門家を招いた意見交換などを定期的に行い、情報発信の手段や不動産の取り扱いなどについて協議していく。(山田宏一郎)