チューバ奏者の大坪賢悟さん(提供写真)

オーボエ奏者の藤松亜季さん(提供写真)

 佐賀県音楽協会(吉原敏郎会長)は、第41回県音楽協会賞を高橋弓美子さん(71)=佐賀市=に贈った。新人賞にはチューバ奏者の大坪賢悟さん(38)=同=、オーボエ奏者の藤松亜季さん(34)=同=を選んだ。

 高橋さんは国立音楽大声楽科卒。同協会会員演奏会や、くにたちコンサートなどに出演してきた。協会では2000年度から理事、02年度から18年間にわたり事務局長を務めた。

 大坪さんは愛知県立芸術大卒。在学中に結成した金管五重奏団は、愛知万博イタリア館の専属演奏団体だった。多久高で音楽を教えながら、若い音楽家の集い、アルモニア管弦楽団などで演奏する。

 藤松さんは佐賀北高芸術コースから東京音楽大に進んだ。大阪国際音楽コンクール3位、クラシック音楽コンクール4位。龍谷高の非常勤講師で、アルモニア管弦楽団と佐賀市民吹奏楽団に所属している。

 吉原会長は「高橋さんが長く協会の活動を支えてくれた功績は大きい。佐賀の音楽界の発展に大きく寄与してくれた」と感謝を示していた。(花木芙美)