表敬訪問し、リーグ優勝を報告した久光スプリングスの酒井新悟監督(右から3人目)、戸江真奈選手(同2人目)、中川美柚選手=佐賀県庁

 バレーボール・女子1部リーグの久光スプリングス(鳥栖市)の選手と関係者が6日、佐賀合宿を前に佐賀県庁を訪れ、3季ぶり8度目のリーグ優勝などを山口祥義知事に報告した。

 県庁を訪れたのは、チームを運営する「SAGA久光スプリングス」の吉村実普及・地域連携担当部長、久光スプリングスの酒井新悟監督と戸江真奈選手、中川美柚選手。昨季はV・レギュラーラウンドを3位で突破し、V・ファイナルステージ(最終順位決定戦)で東レアローズとJTマーヴェラスを下した。

 報告を受けた山口知事は「酒井さんが最後に笑顔になって、ほんとによかった」と話した。酒井監督は、SAGAアリーナに触れ「だいぶできあがってきて楽しみ」としつつ「広いと選手はいいけど、私たちはボール拾いが大変」と笑いを誘った。(小部亮介)