東西2学区が設けられている佐賀県立中学、高校の普通科の通学区域が2023年度からなくなり、「全県1区」になる。県教育委員会は3日、関連規則の廃止を決めた。学区外からの受験は合格枠に一定の制限があったが、今後は地域を問わず同じ条件になり、県教委は「住んでいる市町に制限されず、進路希望に応じて主体的に学校を選択できる」としている。

 県内の通学区域は、15年度まで東部、中部、北部、西部の4学区に分かれ、16年度から東部と西部の2学区に統合した。これまでも学区が異なる県立中高は受験できたが、学区外からの入学者は募集定員の20%以内としており、学区内の合格者を上回る入試結果でも不合格となるケースが生じる枠組みだった。

 普通科以外の専門学科や総合学科、太良高と厳木高の全県募集枠などは、従来から「全県1区」で受け入れている。

 県教委は学校独自の特色を引き出す「唯一無二」の学校づくりを21年度から提唱し、22年度は県立高にコーディネーターを配置するなど取り組みを支援している。「普通科の学校も含めて特色づくりを進めている。受験生が魅力を感じる学校を自由に選べるようにしたい」と通学区域廃止の狙いを説明する。

 通学区域は、特定の高校への生徒集中を避けたり、地元生徒受け入れを一定程度担保するなどの機能を持っていたが、廃止によって特定の高校に志望が偏る可能性もある。県教委は「引き続きデータを集め、状況を注視していきたい」としている。

 通学区域の廃止は来春の入試から適用される。試験は県立高の特別選抜が23年2月8日、一般選抜が3月7、8日、県立中は1月14日。(円田浩二)