オンラインで高校の特色などを紹介する担当者=佐賀市の佐賀新聞社

 佐賀県内の高校の魅力をオンラインで発信する進学説明会「SAGAハイスクールウェビナー」(県教育委員会主催)が2日、始まった。多くの高校の情報を知ってもらう目的で初めて実施した。西部地区を中心に21校が参加し、中学生とその保護者に向けて映像を交えながら学校の特色や授業風景などを紹介した。

 これまでは各校が中学校に出向いて説明会を行ってきたが、コロナ禍で対面での対応が難しい状況や他の高校の説明会を要望する中学生もいたことなどを受け、オンラインを企画した。

 初日は会場の佐賀市の佐賀新聞社から3~4高校ずつ配信し、参加者からの質問や相談にも応じた。最終日の3日は主に東部地区の21校が参加する。2日間で県立32校、私立10校が参加し、後日ウェブサイトで録画配信する。

 県学校教育課プロジェクトE推進室の見浦浩徳室長は「日中、参加が難しい保護者も録画配信を見てもらえる。学校の情報に触れる機会を多く設けることで、入学後のミスマッチを防ぐことにもつながれば」と話す。

 11日からは県内5地区で県立、私立高校の進学相談会を開く。全会場で午前10時から午後4時まで。事前予約制。3日のハイスクールウェビナーの視聴や進学相談会の予約はサイト「SAGA県立高校進学ナビ」で案内している。(福本真理)