6回途中、オリックスに勝ち越しを許し降板するDeNA先発の浜口(左)=横浜

 DeNAの濵口は六回途中2失点で今季初黒星を喫した。入団から7連勝中だった交流戦でも、初めて土が付いた。「投手有利のカウントをつくれなかった」と反省した。

 1―1の六回に崩れた。決め球のチェンジアップの制球がばらつき、先頭から2者連続四球で走者をため、杉本に勝ち越しの二塁打を浴びた。さらに安達に死球を与えて降板。「次回までにもっと精度を上げ、長いイニングを投げられるようにしたい」と雪辱を期した。【共同】