雨のシーズンに備え、佐賀地方気象台による防災気象連絡会が2日、佐賀市で開かれた。1日から運用が始まった半日前からの線状降水帯予報について、担当者が説明し、予報が「九州北部」など広いエリアでの運用となるなどの注意点を示しながら、情報の活用を促した。