激闘に終止符を打ったのは、右サイドを駆け上がった3年生の公式戦初ゴールだった。サッカー男子決勝は佐賀東のMF宮﨑飛羽が終了間際に奪った1点で佐賀学園を下した。殊勲のゴールを挙げた背番号7は「フリーの自分のところに飛んで来て、決めるだけだった。チーム一丸で勝ち切れた」と胸を張った。

 後半終了間際の劇的な幕切れだった。「みんなきつい中で押し込めた」。左サイドのMF右近歩武のクロスに宮﨑ら3人が駆け込んだ。クロスは相手GKを越えて宮﨑の元へ。「最後までよく走れた」と右足で流し込むと、青く染まったスタンドに歓喜をもたらした。