試合終了のホイッスルが響くと、選手たちはピッチに倒れ込んだ。新人大会に続く優勝を目指した佐賀学園は試合終盤、佐賀東に勝ち越しゴールを許した。主将のDF白石琉稀は「チーム全員でハードワークをしたけれど、あと一歩届かなかった」と声を震わせた。

 前半は佐賀東のペースで進んだが、後半は徐々にチャンスをつくった。相手の倍のシュートを放ったが、GKやゴールポストに阻まれた。「チャンスをものにできなかった」と大家裕司監督。今大会の初失点が決勝点となった。