今節は中3日でG大阪をホームに迎えての連戦です。メンバーを2人変更して試合に挑みます。選手それぞれで試合に向けた調整方法は異なりますが、連戦の方が調子が良いという選手もいます。監督によっても調整方法が異なりますので、常に良いパフォーマンスを出すためには、自分自身の身体と向き合う必要があります。

 試合はサガン鳥栖がボールを保持する時間が長い形で進む中、前半19分に待望の瞬間が生まれます。小野選手を起点にボールをつなぎ、宮代選手がドリブルで運び時間をつくって相手DFをひきつけたところを、飯野選手が長い距離をオーバラップしてきます。飯野選手が宮代選手から受けたパスをグラウンダーのクロスで入れ、堀米選手が押し込み先制に成功します。