1列目が多良中、2列目が大浦中のメンバー。個人の強みを生かし勝利を目指す

 多良中と大浦中のバレーボール部は、昨年の中学総体終了後から部員数の減少に伴い合同チームを結成しました。1年生が入部して両校合わせた部員は11人。毎週土曜に両校の体育館で合同練習をしています。

 結成時には両チームで話し合って目標を決めました。合同チームのモットーは「耐えて 勝つ!」。この日から勝つことを意識してきつい練習にも耐え、仲間を大事にコミュニケーションを取り合って各大会に挑んでいます。

 本山典明監督は「お互い足りない所を補い合い、攻撃力も上がっている。二つのチームで役割分担をし、個人の強みを生かす」と話します。キャプテンの中溝仁依那(にいな)さん(多良中3年)は「チームの強みは明るさ、攻撃力、諦めない心」と話し、全国大会出場を目指しています。

 (地域リポーター・副島花=嬉野市)