江戸時代、黄檗(おうばく)宗の僧侶が小城市内の古刹(こさつ)に伝えたとされる「普茶(ふちゃ)料理」の食事会が23日、同市の小城公民館晴田支館であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加