「炭火焼きありたどり昆布水つけ麺」。チャーシューや煮卵のトッピングも可

 有田町役場近くに5月25日、つけ麺専門店「元祖佐賀つけ麺 孤虎」がオープンしました。

 北海道産がごめ昆布で作る“昆布水”に県産小麦の自家製麺を浸して提供。まずは塩とワサビでシンプルに、続いて鶏とカツオのだし、県産しょうゆを使ったキレのあるつけ汁でどうぞ。昆布のグルタミン酸、鶏とカツオのイノシン酸、2つのうまみ成分が合わさった深い味わいが楽しめます。

 つけ麺は900円~。営業は11時~16時で、つけ汁がなくなり次第閉店。店の情報はインスタグラム(@kotora_tsukemen)で随時発信中です。(岩永真理子)