準決勝・佐賀学園―龍谷 後半13分、PKで先制ゴールを決める佐賀学園のMF山口凌弥=佐賀市健康運動センター

 二冠に向けて一歩前進した。新人戦優勝校で第1シードの佐賀学園が龍谷を1―0で破り、接戦をものにした。大家裕司監督は「前半は緊張しているようだったが、後半は選手たちが修正してくれた」とねぎらった。

 0―0で迎えた後半。ロングボールを多用してくる相手に対し、大家監督はサイドを広く使うことやドリブルで仕掛けることを指示した。徐々に流れをつかむと、後半積極的にシュートを放っていたMF松﨑遥春がペナルティーエリアで倒されてPKを獲得した。

 キッカーは攻撃の中心、MF山口凌弥。「自然と自分が蹴ることになった」と苦笑したが、冷静にゴール左に蹴り込んだ。先制後は、主将の白石琉稀を中心とした堅い守りで1点を守り切った。

 二つ目のタイトルがかかる決勝は、全校応援が決まった。「みんなが見に来るので、恥ずかしくない試合をしたい」と山口。白石は「どこが相手でも、自分たちらしく最後まで走りきりたい」と意気込んだ。(中村健人)