2回戦・鳥栖-V大分 前半44分、先制点を決める鳥栖DFジエゴ(左から2人目)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム(撮影・山田宏一郎)

 攻撃参加が持ち味のDFが、移籍後初ゴールで勝利をたぐり寄せた。DFジエゴが味方との連係からゴールを決め、先制点をもたらした。ジエゴは「選手は移籍してすぐに結果を出したい。ホームで決めることができ、本当に良かった」と喜んだ。

 前半序盤に相手GKがレッドカードで退場となり、試合を優位に進めていた44分。細かいパス回しで相手DFを翻弄(ほんろう)し、前線に上がっていたジエゴが押し込んだ。「スペースを見つけて、ワンツーで抜け出せた。イメージ通りだった」と振り返った。

 今季から鳥栖に加入し、リーグ戦ではセンターバックの一角として出場機会をつかんでいる。守備での貢献はもちろん、「自分の特徴は積極的に相手ゴールに向かいチャンスをつくること」とジエゴ。攻撃参加の意識は常に持っている。

 ここ数試合、同じDFの田代雅也やDF黄錫鎬(ファン・ソッコ)が得点を決めている。川井健太監督は「2人に負けていられないという気持ちがあったのでは」と笑った。ジエゴは「後ろの選手の攻撃参加がチームの強み。常にゴールを狙っている」と胸を張った。

 前半戦の戦いを終え、中断期間に入る前の試合を勝利で飾った。ジエゴは「しっかり休んで、またいい結果を出せるようにしたい」と後半戦を見据えた。(中村健人)