南里隆副知事(右)に目録を手渡した畦地理代執行役員(中央)と富永金吾専務=佐賀県庁

 野村アセットマネジメントは31日、企業版ふるさと納税の制度を活用し、投資信託商品の収益から100万円を佐賀県に寄付した。SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想に関連した、スポーツに打ち込む高校生向けのアスリート寮3カ所の運営費用に充てられる。

 同社の投資信託「グローバルESGバランスファンド」は、地方自治体のSDGs関連事業に寄付する仕組みがあり、販売先の佐賀銀行の取扱額に応じて得た収益の一部を寄付した。

 県庁での贈呈式で、同社の畦地理代執行役員は「地域貢献につながれば」、同行の富永金吾専務も「佐賀から世界に挑戦するアスリート育成に役立てて」と述べた。南里隆副知事は感謝を伝え、「一緒にスポーツを盛り上げていきたい」と話した。(古賀真理子)