佐賀新聞社が実施した第179回佐賀県内企業経営動向調査(2022年1~3月期)では、前年同期比で売上高、経常利益ともに「増加」と答えた企業が前回調査より減った。新型コロナウイルス感染再拡大による行動制限が経済、消費活動に影響し、持ち直しの動きに足踏みが見られた。原材料・製品の仕入れ価格は76・3%の企業が「上がった」と答え、2期連続で7割を超えた。深刻化する原材料価格高騰が、収益を圧迫している。(古賀真理子、北島郁男、志波知佳、小島発樹)