昨年の夏休み。展覧会のイベントで、新聞を使った小さなアートワークショップを開催した。中でも喜ばれたのは、新聞を夢中でちぎったり、輪転機用の巻き取り紙に巨大な絵を描いたりする体当たり企画。新型コロナウイルス下、普段は家にこもりがちな子どもたちが、元気いっぱい汗だくで新聞を楽しんだ。