小城市出身で徳川家康に仕えた高僧・閑室元佶=かんしつげんきつ=(1547~1612年)と、文禄の役の際、鍋島直茂に従い朝鮮半島に渡り、交渉文書を作成するなどした是琢明琳=ぜたくみんりん。外交や行政に深く関わった肥前ゆかりの2人の禅僧に迫るテーマ展が佐賀市で開かれている。 閑室は、臨済宗の僧侶。