短歌結社「短歌文学会」(碇弘毅代表)が歌誌『姫由理』5月号を発刊した。

 多珂子さんは連載「短歌の基礎って何だろう」で、旧かな遣いを考える。同会が歌稿を旧かなで求めていることについて、大和言葉の余韻や表記の潤いを重視した創設者の碇登志雄さんの思いを記す。

 競詠の特選は貝島信子さんが小笠原玉緒さん「北へ発つオホハクテウは国境といふ隔たりを自由に越えて」、碇千奈美さんも小笠原さん「風ゆるみ野面に芽吹く蕗の薹見つけては摘むここにかしこに」を選んだ。

 4月号作品評では碇弘毅さんが柳迫ちえみさん「行間と文字の大小・線・余白 響き合ふ美の世界に陶酔す」などを批評した。(花木芙美)