「ELLEN IN SHEIDLINLAND」 (C) エレン・シェイドリン/青幻舎

 この本を開いている間は、異空間にいる気分になる。モデル兼アーティストの著者が、自らをモチーフにした作品を収録。かわいいだけではなく、現代を風刺しているような部分もあるのが特徴だ。

 本を開くたびに、彼女の作品のとりこになる。そして繰り返し見てしまう。まさに彼女の存在自体がアートなのだと感じる。(青幻舎/2420円)

(池田知恵)