文と絵をセットで掲載する佐賀新聞の「きやぶ百景」コーナーの水彩画を、昨年11月まで11年にわたり担当した鳥栖市の水田哲夫さん(82)が作品を絵画集にまとめた。文章担当の故高尾平良さんと二人三脚で掲載した作品はどれも味わい深い。絵画集から初めて教わることも多く、担当地域に改めて愛着が湧いた。