夏の参院選佐賀選挙区で野党候補の一本化を断念し、共産党候補者を擁立することを発表した共産党佐賀県委員会の今田真人委員長=佐賀県庁(2022年5月30日)

 共産党佐賀県委員会は30日、参院選佐賀選挙区(改選1)に関し、立憲民主党との候補一本化を断念すると発表した。既に出馬表明している新人の上村泰稔氏(57)=佐賀市=を擁立し、選挙戦を戦う。

 参院選佐賀選挙区では2016、19年と共産が擁立を取り下げて野党候補を一本化してきた経緯があるが、今回は野党共闘態勢には至らなかった。共産の公認候補出馬は9年ぶりとなる。