鳥栖-G大阪 後半、ドリブルでボールを運ぶ鳥栖MF小泉慶=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第16節の29日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムでガンバ大阪と対戦し、2―1で勝利した。通算成績は5勝9分け2敗(勝ち点24)で順位は変わらず8位。G大阪は勝ち点17で13位。

 横浜Mは仲川の1ゴール1アシストで磐田に2―0で快勝し、勝ち点31として首位に浮上した。鹿島は1―3でFC東京に屈した。川崎は後半のオウンゴールで京都に0―1で敗れて4季ぶりの2連敗を喫し、勝ち点は鹿島とともに30のまま。

 柏は清水に3―1で勝った。C大阪は湘南を2―0で下して連勝を3に伸ばした。最下位の神戸は武藤らの得点で札幌を4―1で破り、4試合ぶりの白星で2勝目を挙げた。

 J1は国際試合期間のため中断し、6月18日に再開する。

 鳥栖は第17節の同日、午後6時から静岡県のヤマハスタジアムでジュビロ磐田と対戦。次戦は6月1日、天皇杯2回戦で鳥栖は午後7時から駅前不動産スタジアムでヴェルスパ大分と対戦する。