空手道女子団体組手準決勝・龍谷-佐賀東 龍谷の福﨑真央(左)が突きを決める=佐賀市の佐賀東高体育館(撮影。中島克彦)

空手道男子団体組手決勝・龍谷-佐賀北 上段蹴りで果敢に攻める龍谷の江下蓮人(左)=佐賀市の佐賀東高体育館

 ○…空手道の団体組手は男女とも龍谷が頂点に立った。2024年に佐賀県で開かれる国民スポーツ大会(国スポ)で少年競技での活躍が期待される「ターゲットエイジ」の1年生の活躍もあり、選手が入り交じってグローブを突き合わせ、ハイタッチして喜んだ。

 女子では福﨑真央の踏ん張りが光った。準決勝の佐賀東戦では副将戦で登場。序盤から得意の上段突きやカウンターで4点を稼いだ。終盤に相手の猛攻を受けたが「場外に出て反則負けにならないように、頭をフル回転させていた」と振り返る。大将となった決勝では勝利が確定した後の出場にも気を抜かず、得点を奪って優勝に花を添えた。

 吹上優海監督は「福﨑は勝たなくてはいけない場面できちんと決めた。メンバー全員がそれぞれの役目を果たしてくれた」と褒めた。

 男子団体組手でも1年の江下蓮人が流れをつくった。長身を生かしたリーチで間合いをつくり、角度をつけた突きを得意とする。決勝では先ぽうで出場。武器を生かして2点を取り、勝利に貢献した。「このメンバーで全国に行けるのは一生に一度のこと」と優勝の喜びをかみしめた。

 決勝で大将を務めた3年の久保田誓也は、江下をねぎらい「まだ1年生で伸びしろしかない。龍谷を代表する選手になって」とエールを送った。(中島野愛)