ヨット女子420級 頂点に立った早稲田佐賀の市橋愛生(左)・和田凰玉組=唐津市の唐津湾

 ○…ヨット女子420級は市橋愛生・和田凰玉(こゆ)組(早稲田佐賀)が三つどもえの混戦を制した。スキッパーとして後輩を引っ張った3年の市橋は「コース取りがうまくいかない時もあったが、コミュニケーションを取って対応できた」と振り返った。

 1日目の3レースを終え、唐津東のペアと同点。最終日の2レースは午前は西の浜、午後は東の浜で距離や風況が違ったが、「的確な動きをしてくれた」と高校から競技を始めた2年の和田に感謝した。

 3週間後に控える九州大会に向け、2人は「練習量を確保し、上位を目指したい」と意気込んだ。(松岡蒼大)