自動車専用道路を歩く高齢者を保護して感謝状を受け取った松永七々子さん=伊万里市の伊万里署

 伊万里署は25日、伊万里市内の自動車専用道路を歩いていた高齢者を保護した長崎県松浦市の松永七々子さん(23)に感謝状を贈った。

 松永さんは4月30日午後5時ごろ、西九州自動車道に山代久原インターチェンジ(IC)から入ろうとして、進入道路の脇を高齢の女性が歩いているのに気づいた。後続車があったのでいったん通り過ぎて次の今福ICで引き返し、本線に入った所の路肩に立っていた女性を車に乗せ、近くの駐在所に送った。

 母親と買い物をした帰り道での出来事だった。親子ともに職業は看護師で、女性の足取りと表情から様子がおかしいと感じたという。

 同署で松永さんは感謝状を受け取ると「女性が無事に帰宅されたと聞いて安心しました。人の役に立つことができてうれしいです」と笑顔で話した。(青木宏文)