卓球女子団体決勝リーグ・敬徳-佐賀商 第2シングルスで、粘り強く返球する敬徳の山川胡実=唐津市文化体育館(撮影・米倉義房)

 2年生カットマンが流れを引き寄せた。卓球女子団体決勝リーグの最終戦。第2シングルスで、敬徳の山川胡実がフルセットの末、勝利をもぎ取った。勢いに乗ったチームは直後のダブルスでも勝利。3-0で佐賀商を破って、4度目の栄冠をつかみ取った。

 山川の相手は、佐賀商のエースで同学年の江頭結生佳。2人は中学時代、ダブルスのパートナーであり、シングルスではライバルだった。山川は中学生のころ、江頭に一度も勝てず、初めて勝ったのは高校に入ってから。互いに手の内を知り尽くしており、対戦が分かってから「辛抱強くやらないと勝てない」と心に決めて試合に臨んだ。

 江頭の力強いスマッシュを、卓球台から離れてカットし続けた。ラリーの応酬に加え常に接戦の展開。試合時間は1時間を超えた。最後のポイントを奪って勝利を決めると、この日一番のガッツポーズが出た。「疲れました」と苦笑した山川。寄谷大輔監督は「彼女は粘りが持ち味。あのゲームを勝てたことは大きかった」とたたえた。

 昨年のインターハイ団体は1回戦敗退。エースで3年の高村幸佐は「まずは1年前に果たせなかった1回戦突破をチームで目指す」と全国を見据えた。山川は「先輩たちのために、インターハイでも勝利に貢献したい」と力を込めた。(中村健人)