卓球男子団体決勝リーグ・敬徳-北陵 ダブルスを制し、優勝を決めた敬徳の古庄光佑(右)・下村周平組=唐津市文化体育館

 2勝同士の対戦となった卓球男子団体決勝リーグ最終戦は、敬徳が北陵を3―0で破り、昨年に続いて優勝を果たした。優勝が決まると選手たちは勝利をかみしめ、安堵(あんど)の表情を浮かべた。主将の古庄光佑は「いいプレーができてほっとしている」と笑顔を見せた。

 団体戦のメンバーでは古庄が唯一の3年生。若いチームをキャプテンが引っ張った。勝てば優勝が決まるダブルス戦。古庄は2年の下村周平とペアを組んだ。「信頼しているし、緊張もなかった」と古庄。見事な連係で勝利をたぐり寄せた。川久保直人監督は「優勝への不安はあったが、合格点の内容」とチーム全体を評価した。

 昨年のインターハイや春の選抜大会に続く全国の舞台。古庄は「勝てるチャンスは十分ある。一戦一戦大事に戦いたい」と自信をのぞかせた。(中村健人)