女子ダブルス2回戦を突破した柴原(奥右)、ムハンマド(同左)組=パリ(共同)

 女子ダブルス2回戦を突破した柴原(手前)、ムハンマド組=パリ(共同)

 混合ダブルス2回戦で敗退したセン皓晴(右)マクラクラン組=パリ(共同)

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第7日は28日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス2回戦で柴原瑛菜(橋本総業)エイジア・ムハンマド(米国)組がクリスティナ・クチョバ(スロバキア)とロシア出身のアナスタシア・ポタポワ組に6―4、6―3で勝ち、3回戦に進出、混合ダブルス2回戦はセン皓晴(台湾)マクラクラン勉(イカイ)組が4―6、5―7で敗れた。

 シングルス3回戦では女子で第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)、男子でロシア出身の第2シードのダニル・メドベージェフが勝ち上がり、女子の第3シード、パウラ・バドサ(スペイン)は途中棄権で敗退した。