西九州新幹線(武雄温泉―長崎)が9月23日に開業します。佐賀・長崎両県のまちづくりや県民生活は、どのように変わるのでしょうか。

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い読者とつながる佐賀新聞「こちら さがS編集局(こちさが)」と長崎新聞の情報窓口「ナガサキポスト(ナガポス)」は、両県の読者の声を協力して集め、新幹線の取材や報道に生かします。

 第1弾として、西九州新幹線への期待や注文、疑問を募ります。紙面のQRコードから「こちさが」を友だち登録し、6月5日までに回答してください。寄せられた意見は6月中旬に佐賀新聞と長崎新聞の紙面やウェブサイトで紹介します。

 こちさがを「友だち追加」してアンケートにご回答ください。

「こちら さがS編集局(こちさが)」とは?

佐賀新聞と読者が無料通信アプリ「LINE(ライン)」でつながり、書き込みがあった身近な疑問や困りごとを記者が取材する双方向型の報道スタイルです。

以下のボタンから「友だち追加」して情報提供のメッセージやアンケート(随時実施)へのご協力をお願いします。

友だち追加