テニス男子団体決勝・佐賀商―佐賀西 最後のポイントが決まり、優勝を決めて喜ぶ佐賀商の手塚優斗(右)・伊藤旭飛組=唐津市松浦河畔公園庭球場

 相手の返球がネットに掛かると、佐賀商3年の伊藤旭飛・手塚優斗組はコート上で抱き合って喜びを爆発させた。テニス男子団体決勝は佐賀商が佐賀西に2―1で競り勝ち初優勝。伊藤は「みんなの応援がなかったらくじけていた。勝ち切れてうれしい」と声を弾ませた。

 「3本とも取るぞ」。決勝前の円陣で主将の伊藤は仲間を鼓舞した。県総体前の練習試合では補欠が多かった手塚も、大一番での出番に「メンバーに入ったからには勝とう」と奮い立った。

 3面同時スタートで第1シングルスのエース俵久倖がまず1勝。第2シングルスの志岐颯太が逆転を許したことに気付き「自分たちが勝たなければ」と伊藤。手塚とともに強気の攻めを貫いた。

 1年秋から何度もペアを組んできた二人。手塚が「精神面で支えてくれ、プレーに専念できた」と伝えると、伊藤が「プレー面でも何か褒めることない」と求めるほど仲もいい。互いのプレースタイルもかみ合う最高のコンビ。伊藤は「手塚と組めて幸せ者」と本音をこぼす。

 初の全国切符をつかみ、手塚は「まずは1勝。自分の全力を出す」と意気込む。「泥臭く、粘り強く。佐商らしいテニスをして、爪痕を残す」と伊藤。熱い夏はまだ始まったばかりだ。(小部亮介)