バドミントン女子団体決勝・佐賀女子-唐津南 第1ダブルスでプレーする佐賀女子の永渕妃香・下村彩花(奥)組=佐賀市の旭学園体育館

 「最初からガツガツいけた」「向かう気持ちで打てた」―。バドミントン女子団体決勝は、佐賀女子が唐津南をストレートで下し、3大会連続の優勝を飾った。

 主将の永渕妃香と副主将の下村彩花の3年生ペアの強気の姿勢が、チームを勢いづけた。2人は「前。気を付けて」「頑張れ」と声を掛け合い、得点後とサーブの前にはハイタッチで気持ちを高めた。

 1ゲームも落とさずに進んだ決勝でも、テンポのいい鋭いスマッシュで相手を封じた。永渕は「目標は全国4位以内。九州、全国での戦いを見据えて、プレーを磨いていきたい」と意気込んだ。(中島野愛)