江戸時代に対馬藩の飛び地が鳥栖に置かれるなど歴史的に縁が深い長崎県対馬市と交流している鳥栖市は、「鳥栖やまびこ対馬研修団」として8月に対馬市を訪問する市内の小中学生を募集している。

 新型コロナウイルスによる中止を経て3年ぶりに開催する。両市の歴史的関係を学び、現地の小中学生と平和学習や交流会、シーカヤック体験などを行う。

 対象は鳥栖市内の小学4年~中学3年生。7月9、23日に事前研修を行い、8月8~10日に現地を訪問。9月10日に事後研修を予定している。

 定員30人(応募者多数の際は抽選)。参加費は小学生1万5000円、中学生1万9000円。6月9日までに氏名、学校・学年、住所など必要事項を書いてはがきかメールで市教育委員会生涯学習課内の事務局に送る。問い合わせは同課、電話0942(85)3694。(鳥栖支社長・樋渡光憲)