剣道のような防具を着け、竹刀ではなく、木銃(もくじゅう)で胸やのどを突く武道「銃剣道」の九州大会が19日、唐津市鎮西町の鎮西スポーツセンターで開かれた。約250人が日ごろの技を競った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加