【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会(15カ国)は26日、北朝鮮への制裁を強化する米国作成の決議案を採決し、中国とロシアが常任理事国として持つ拒否権を行使して否決した。他の13カ国は賛成した。