74人の意欲作178点がそろう小城美術工芸展=小城市のゆめぷらっと小城

74人の意欲作178点がそろう小城美術工芸展=小城市のゆめぷらっと小城

 第40回小城美術工芸展が26日、小城市のゆめぷらっと小城で始まった。市内の美術愛好家グループ9団体74人が絵画、水墨画、陶芸、写真、書道の5部門に意欲作178点を展示している。29日まで。入場無料。

 小城町を拠点に活動する市文化連盟小城支部が実行委員会を組織して開く年1回の発表会。1983年の第1回から市民の鑑賞の場としても定着している。

 絵画は、星巌寺や牛尾梅林、住ノ江港など市内の名所を描いた四季折々の風景画をはじめ多彩な作品がそろった。写真は、シャッターチャンスが限られるヤマセミのツーショットや、小城公園で羽を休めるカワセミの一瞬を活写した作品が来場者の目を引く。

 観覧は午前9時~午後5時(29日は午後4時まで)。問い合わせは小城公民館内の小城支部事務局、電話0952(73)3215。(市原康史)