ボリューム満点ながらさっぱりとした味わいの「牛肉フォー」

社長のチャン・ヴィエト・ホアンさん(右)と店長のヴォ・スアン・アィンさん

 佐賀市の愛敬通りそばに、ベトナム料理店「フィン・ディエ・クァン」がオープンしました。同市のどんどんどんの森近くにあるアジア食品専門店「H-MART ASIAFOOD(エイチマートアジアフード)」の姉妹店として、社長のチャン・ヴィエト・ホアンさんと店長のヴォ・スアン・アィンさんが故郷ベトナムの味を提供しています。

 カウンター、座敷、テーブル席とシーンに応じて使い分けできる店内で味わえるのは、定番の生春巻きやフォーをはじめ、ベトナム風お好み焼き「バインセオ」といった本格的なメニューなど約60種類。現地から取り寄せた食材と契約農家から仕入れるフレッシュハーブを用い、本場の味を忠実に再現しています。

 一番人気は「牛肉のフォー」(780円)。フォーの麺は米粉と水を練って作られており、断面は平たく、日本のきしめんのような形をしています。牛骨のうま味がぎゅっと凝縮したスープと、つるんと滑らかな麺が相性抜群です。別添えのパクチーやタマネギ、唐辛子、ミント、レモンをトッピングして自分好みの味を楽しめます。ランチタイムはお得なセットメニュー(850円)もあります。

 「ベトナムの味を求めて県外へ足を運ぶ人も多いと知り、出店を決めた。たくさんの人に本場の味を楽しんでもらいたい」と話すチャン・ヴィエト・ホアン社長。スープを使用するメニュー以外はテイクアウトも可能です。(辻恵美)

DATA
[住]佐賀市大財1-1-3
[電]090-9321-7941
[時]11時~翌0時(火~木曜)、11時~翌2時(金・土曜)
[休]月曜
[駐]なし