報酬の上乗せについて議論している佐賀市議会運営等改革検討会(川副龍之介会長、9人)は26日、会合を開き、対象を常任委員会と議会運営委員会(議運)の正副委員長とする方向性を確認した。金額のほか、正副で額を変えるかなどの観点で議論を続ける。

 川副会長によると、委員会の正副委員長は打ち合わせなどの頻度が高く、「上乗せをした方がいい」との意見が以前から出ていたという。