取材に応じる立憲民主党の泉代表=26日午後、国会

 野党各党は26日、女性記者へのセクハラ疑惑を再び週刊文春に報じられた細田博之衆院議長は自ら説明する必要があると重ねて訴え、議長としての資質に疑問を示した。立憲民主党の泉健太代表は記者団に、説明次第では「適格性が問われる」と指摘。共産党の志位和夫委員長は記者会見で事実としたら「議長の資質に関わる重大な問題だ」と述べた。細田氏側は「事実無根」としている。

 立民は衆院予算委員会で、第三者による調査を指示するよう岸田文雄首相に求めた。首相は「どう取り扱うかは議会で考えることだ」と述べるにとどめた。