みやき町ふるさと納税に関する事業者向けに開かれた説明会=同町の市村清記念メディカルコミュニティセンター

 三養基郡みやき町は、ふるさと納税返礼品を取り扱う事業者向けに応募資格などを定めた募集要綱を制定した。過度な返礼品で制度から一時除外された経緯を踏まえた対応で、地場産業の活性化のため応募資格を県内に事業所を構えている事業者に限定した。

 要綱は総務省のルールを基に、応募資格や返礼品の要件、クレーム時の対応などを盛り込んだ。町独自のルールとして、これまで全国から参入できた応募資格を「県内に事業所を構えているもの」に限定した。要綱はウェブサイトなどで公表する。

 24、25日に行われた説明会に参加した町内の事業者は、提出資料などの手続きが煩雑になるとしつつも、「一時は県外事業者の返礼品が多く掲載されていて疑問の声も上がっていた。地元事業者が中心となって町をPRし、地域活性化につながれば」と期待した。

 みやき町は、過度な返礼品で多額の寄付を集めていたとして、2019年6月から20年7月初めまで制度から一時除外されていた。住民団体からは、町と一部納入業者の関係に疑問があるなどとして、町などに公開質問状も出された。(井手一希)