鳥栖-鹿島 後半4分、鳥栖MF小泉慶(手前)が追加点を挙げる=茨城県立カシマサッカースタジアム

 思い入れのある古巣相手に、豪快な恩返し弾を決めた。MF小泉慶が移籍後初得点となるゴール。小泉は「アントラーズのサポーターに頑張っている姿を見せられた」とかみしめた。

 後半4分、味方との細かいパス回しで中央からゴール前に侵入すると、左足を一閃(いっせん)。ボールはクロスバーに当たりゴールに吸い込まれた。「思い切って足を振ったことが結果につながった」と振り返った。

 小泉は今季ボランチとしてピンチを刈り取る場面が多い。一方で、「ボランチでもゴールやアシストは意識している」と常々話していた。2点目のFW宮代大聖のゴールもお膳立てし、攻撃でも存在感を見せた。

 昨季途中まで在籍した鹿島との一戦。試合前には「楽しみでならない」と対戦を心待ちにしていた。「鹿島には感謝の気持ちしかない」と小泉。試合には勝てなかったが「ひっくり返された後に追いつけるのはチームの良さ。勝ち点1をポジティブに捉えたい」と前を向いた。(中村健人)