西日本建設業保証佐賀支店が前払い金の保証状況を基にまとめた4月の佐賀県内公共工事動向によると、請負金額は前年同月比24・2%減の196億2200万円だった。前年にSAGAサンライズパークなどの大型工事があった反動減。件数は同8・4%減の229件だった。

 請負金額を発注者別に見ると、市町は前年同月比16・2%減の73億6900万円、県は同19・5%減の72億5800万円、独立行政法人などが同24・6%減の24億6千万円だった。その他の公共的団体は同79・1%減の6億2600万円。国は同5・6%増の19億600万円だった。

 市町発注分は、鳥栖市庁舎新築工事の25億6200万円や、伊万里中の校舎建築工事の4億100万円が目立つ。県は鳥栖朝倉線道路改良工事の8億1100万円など、1億円以上の大型工事が26件あった。(小島発樹)