オンラインで認定書を受けた久光製薬の中冨一榮社長(左)=同社提供

 久光製薬(鳥栖市、中冨一榮社長)は、主力製品「Salonpas(サロンパス)」が、鎮痛消炎貼付剤の販売シェアで、6年連続世界一に認定されたと発表した。

 サロンパスは世界40カ国以上で年間310億円(2022年2月期)を売り上げている。国際市場調査会社のユーロモニター社(英国)が3~4月、米国や中国、ブラジルなど13の国と地域を対象に、メーカーや卸売業者、小売店へ聞き取りなどを行い、販売シェアを算出した。

 認定書の授与式が18日、オンラインで行われた。久光製薬の広報担当者は「今年も受賞できたのはお客様のおかげ。今後もサロンパスをはじめとする医薬品の販売を通じて、世界の人々のQOL(生活の質)向上に貢献していきたい」と話す。(小島発樹)