JR九州の観光列車「ふたつ星4047」の外観イメージ(C) Don Design Associates

運行時刻、停車駅

 JR九州は24日、武雄温泉―長崎を走る新しい観光列車「ふたつ星4047」の運行日時と停車駅を発表した。長崎線経由のルートは午前10時22分に武雄温泉駅を出発後、肥前浜駅(鹿島市)などに停車し午後1時15分に長崎駅着。大村線経由のルートは同駅を午後2時53分に出て、午後5時45分に武雄温泉駅に到着する。

 ふたつ星は、9月23日の九州新幹線長崎ルート武雄温泉-長崎(西九州新幹線)の開業に合わせて運行を開始。運行は金、土、日、月曜と祝日を中心に各ルート1日1本で、年間200~220日程度を想定している。

 県内の停車駅は、有明海沿いの長崎線経由が、9月23日に肥前山口から改称する江北駅(杵島郡江北町)、肥前浜駅、多良駅(藤津郡太良町)で、大村湾沿いの大村線経由は有田駅(西松浦郡有田町)となる。

 停車時間は、長崎線経由の肥前浜駅が最も長く17分間停まる。停車駅や、ラウンジ車を備えた車内でのサービス内容は決まり次第発表する。(古賀真理子)