青空の下でプレーする参加者=鹿島市の蟻尾山公園グラウンドゴルフ場

青空の下、はつらつとプレーする参加者=鹿島市の蟻尾山公園グラウンドゴルフ場

青空の下、はつらつとプレーする参加者=鹿島市の蟻尾山公園グラウンドゴルフ場

 第31回佐賀新聞社杯鹿島・嬉野・太良地区グラウンドゴルフ個人選手権大会が24日、鹿島市の蟻尾山公園グラウンドゴルフ場であった。青空の下、260人がはつらつとしたプレーを繰り広げた。

 生涯スポーツの普及や高齢者の健康増進を目的に開催し、3コース計24ホールで行われた。参加者は芝目を読みながら、強弱をつけたショットで起伏のあるコースを攻略。ショートコースではホールインワンも飛び出し、仲間から「ナイスショット」の声が飛んだ。

 熱戦の結果、Aパートは山口久義さん(谷田東一)が52打で、Bパートは原崎実男さん(谷田東一)が51打でそれぞれ頂点に立った。

 最高齢賞は男性が岩永富男さん(96)=鹿島市、女性は田﨑アサエさん(87)=同=で、記念品が贈られた。

 大会は佐賀新聞の鹿島・嬉野・太良の各地区販売店と佐賀新聞社、鹿島市グラウンドゴルフ協会が主催した。(山口源貴)

 (成績は後日「みんなのスポーツ」に掲載します)