佐賀部落解放研究所の研究発表会が21日、佐賀市の市文化会館で開かれた。研究員の中村久子さんが江戸期や明治時代の文献をもとに、理由を変えながら、いわれなき差別で被差別部落を苦しめてきた史実を解説した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加