久光製薬の中冨一榮社長(右)に要望書を手渡す中冨舒行鳥栖商工会議所会頭=鳥栖市田代大官町の久光製薬九州本社

 鳥栖商工会議所(中冨舒行会頭)はこのほど、研究拠点施設の鳥栖市への集約を計画している同市の久光製薬に対し、研究施設の工事などで地元企業に優先的に発注するよう要望した。

 中冨会頭ら4人が同市の久光製薬九州本社を訪れ、中冨一榮社長に要望書を手渡した。要望は5項目あり、研究拠点施設の建築、機械設備、電気設備工事における鳥栖市内業者への発注、工事に関する資材などの市内業者からの購入、飲食や事務用品、備品、輸送関連における地元業者の利用を求めている。

 同社は昨年9月、2021年度から5年間の第7期中期経営方針を発表し、現在鳥栖市と茨城県つくば市にある研究拠点を将来的に鳥栖に集約し、製造現場との連携を強化するとしている。同社によると、新たな研究拠点施設の場所や概要、建設時期などは未公表。(樋渡光憲)