神埼市脊振町に建設予定の城原川ダムの水没予定地域の住民らでつくる同ダム建設対策協議会(眞島修会長)と内川修治市長との意見交換が23日、脊振交流センターで開かれた。眞島会長は「一日も早く新しい安定した生活に戻りたい」と強く訴え、内川市長が模索するとしているダム整備方式の変更については「『流水型』から『貯水型』への変更はあり得ない」と断固反対の姿勢を示した。