かき氷を手に木陰のベンチで涼む家族連れ=22日午後、佐賀市の県立森林公園

 佐賀県内は22日、高気圧に覆われて気温が上がり、最高気温が杵島郡白石町で30・0度を記録し、今年初の真夏日になった。佐賀市、嬉野市でもそれぞれ今年最高となる29・5度、29・0度を観測、7月上旬並みの暑さに見舞われた。

 佐賀市の県立森林公園では、訪れた家族連れが木陰でシートを広げたり、小型のテントを張って日差しを避けていた。かき氷やアイスクリームを販売する露店が人気を集め、多くの人が買い求めていた。

 佐賀地方気象台によると23日も好天が続き、最高気温は29度と予報している。(米倉義房)